SSブログ

テールライトのサドル用ブラケットが欲しいけどちょっと高い? [安全装備]

2012.6.30(土)

今日のブルベは非番です。
直接の担当ではないので青葉のブルベのスタッフ作業はお休みです。

夕方になって、ちょこっと小径車でポタってきましたが、ここ最近は昼間しか走らない自転車なのでライトの装備が若干おろそかになっています。
前照灯はCATEYEのブラケットを昔から使っているので、ロードの方で使っているCATEYEのライトを流用しています。

最初に使っていたライトの型番は忘れましたが、ロングでナイトランをするようになってからは、
HL-EL510(今は子供の自転車用)
HL-EL520(ブルベで落として壊しました)
HL-EL530(ブルベで落として壊しました)
と使い続けて、
HL-EL540 を自転車用のライトとしてメインでは使っています。

キャットアイ(CAT EYE) ヘッドライト ECONOM Force HL-EL540

キャットアイ(CAT EYE) ヘッドライト ECONOM Force HL-EL540

  • 出版社/メーカー: キャットアイ(CAT EYE)
  • メディア: スポーツ用品

HL-EL540は多少重たいもの、単3電池を4本使用するものなのである意味どこでも調達可能、便利です。
普段はエネループを使っていますが、万一の際はコンビニで単3アルカリ電池を買えばOKという気軽さ。

小径車はフォールディングバイク(折りたたみ自転車)で、ものの30秒で畳めて簡易カバーを上からすぽっと被せれば、1分程度で輪行可能状態へもっていけます。
電池が切れたら輪行しちゃっても大丈夫だもんね、ということもあってスペアの前照灯まではつけずに走っていることの方が多いです。

一方、尾灯(テールライト)については、実は結構心もとなかったりします。

BD-1のモノコックフレームと同型のビアンキフレッタモノコックという自転車ですが、シートポストが長くそこにうまくつくように考えられているオーストリッチのミニベロ用サドルバッグ(廃番)をつけると、尾灯をうまくつけられそうなところが無いのです。
下の方にANTAREXのライトを使っていた時期もあるのですが、ブルベ用にも流用していて豪雨で浸水してダメになってしまいました。

オーストリッチのサドルバッグにクリップで引っかければ尾灯は一応つけられるので、無くしても悲しくならない装備として100均の自転車用テールライト(当然、中身は100均のアルカリ乾電池を使用)を使ってたりするのですが、サドルバッグにクリップ留めだと走行中左右に揺れて実はあまりよくは無いのです。

尾灯自体はCATEYEのものをいくつか持っているので、ブラケットさえ用意すればいいのですが・・・

やっぱりこれを試してみる必要があるのかな?
サドル用ブラケット
これがうまく付くのであれば、尾灯の位置も高く被視認性も良さそう。

キャットアイ サドル用ブラケット RM-1

キャットアイ サドル用ブラケット RM-1

  • 出版社/メーカー: キャットアイ
  • メディア: スポーツ用品
CATEYEの別売りブラケットは補修パーツとしても売ってますが、結構高いんですよね。
このブラケットも1500円ぐらいするという。
下手すればそこそこの尾灯(標準ブラケット付き)が買えてしまうぐらいの価格。
1つ試しに買ってみようか、どうしようかといったところです。


ちなみに私がブルベで使っている尾灯は、初代がCATEYEのTL-LD170Rでした。
これ1000円しないんですよね。

キャットアイ(CAT EYE) デュアルモードテールライト TL-LD170R

キャットアイ(CAT EYE) デュアルモードテールライト TL-LD170R

  • 出版社/メーカー: キャットアイ(CAT EYE)
  • メディア: スポーツ用品
晴れている時は問題ないです。
途中で電池交換しなくても済むということを前提にすれば、周囲をテープで補強(防水の為)して使うこともできました。
でも、雨が続く600kmとかだと途中で浸水して、点滅状態になってしまったりしたので今は使わなくなりました。
2個目か3個目が、今、子供の自転車の尾灯になっています。

そのあと、今もつかっているのが、TL-LD610
これはブルベで使っている人が結構多かったような気がします。
同梱されているブラケットがSP-10というタイプでシートステーにつけると、角度調整ができず斜め上向きになってしまうというところが実は困ったちゃんの尾灯でしたが、強力な尾灯としてはよくできていました。

おそらく後継機として出てるのが、TL-LD650
ただ、これはなぜかちょっと高いんですよね。

キャットアイ(CAT EYE) セーフティテールライト TL-LD650 RAPID5

キャットアイ(CAT EYE) セーフティテールライト TL-LD650 RAPID5

  • 出版社/メーカー: キャットアイ(CAT EYE)
  • メディア: スポーツ用品
同梱されるブラケットがSP-11というタイプに変わっていて、こちらは角度調整が可能なタイプ。

SP-11だけ買えば、TL-LD610でも同じように角度調整が効くようになるはずですが、ブラケット単体で買うとやっぱりちょっとお高いみたい。

キャットアイ 534-2280 SP-11ブラケット ブラック

キャットアイ 534-2280 SP-11ブラケット ブラック

  • 出版社/メーカー: キャットアイ
  • メディア: スポーツ用品

こういったスモールパーツ的なものは、補修パーツの品揃えのある大型店に行くか、送料がかからないネットショップで取扱があればそこで買うか、何か別のものを買ったついでに注文しておくか、ということでしか調達しづらかったりします。
たぶん、一番いいのは行きつけのショップとかで取扱があれば、在庫を引っ張ってきてもらうことかもしれません。
そういうお店が無い場合はやっぱり通販が一番かなぁ。












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。