So-net無料ブログ作成

ロングライダースVol.1と1.5がAmazonに並ぶとは、 [自転車本]

2012.10.1(月)

twitterでロングライダースのアカウントで呟かれていたので知りましたが、
あのロングライダース、Vol.1とVol.1.5がAmazonでも買えるようになるそうです。

へ? そんなこと出来るの?
と素で驚いて、その後に、あれあれあれ?コミケとか委託販売とか大丈夫なの?
と心配になったり。

新刊、既刊本は対象外で、あくまでも発売後1年以上経過しているVol.1とVol.1.5だけが、
今のところ対象らしいので、そういう心配は要らないのでしょうね。

薄い本(いわゆる同人誌)に慣れている人なら、コミティア、コミケといった場所へ出かけて入手。
そうでなくても、COMIC ZIN さんの店頭へ買いにいくか通販で入手。
わりと普通に対応できたのだと思います。
が、元が単なる普通の自転車乗りで、その手の方面には疎い人だと、なかなか買いづらかったような(^^;)
※同人誌でこういう趣味の人が好きで作っているものなので、
 その趣味が分からない人にまで無理して買ってもらいたいという本ではないのでしょうが。

それが、Amazonでもポチれるというのは、いったい世の中がどうなってしまったのか?
軽く混乱してみたり。
南鎌倉高校女子自転車部とか、そういった商業ベースに乗っている本と一緒にポチされちゃうのか?

これがロングライダース Vol.01 2011
コミケではなく、コミティアで頒布されていたものだと思います。
2月だったと思いますが、週末ブルベがあってなかなかコミティアまで行く勇気も無く
どうしようかと思っていたら、

実は編集されている方の中にブルベつながりでもある自転車乗りの友人がいたので、
さらに事前に話を聞いていて、
「Abさんの2010年のイタリア1600km記事が読めるのはロングライダースだけ」
というキャッチコピーで、それは読んでみたいよなぁ、ということで
たしか個人的にこっそり一部頒布してもらいました。
ブツの受け渡しは、新宿のとある居酒屋でしたっけ(^^;)

ロングライダース1.0

ロングライダース1.0

  • 作者: Ab
  • 出版社/メーカー: 密林社
  • 発売日: 2011/02/13
  • メディア: ムック

その後しばらくしてから半年後ぐらいに出たのが
ロングライダース Vol.1.5 2011 Summer

2冊目がVol.2でなく1.5なのは、厚さも薄いから?
本来の「薄い本」はこのくらいが適切なのではないでしょうか?
Vol.1は結構厚みがあって「薄い本」としてはかなりの大作でした。

Vol.1.5は、今も続く連載? アザミユウコ先生の
「15万円で最初のロードバイクを買って4ヶ月で佐渡ロングライドに出てみたよ!」
が始まった号でもありますね。


ロングライダース1.5

ロングライダース1.5

  • 作者: 佐々木少年
  • 出版社/メーカー: 密林社
  • 発売日: 2011/08/21
  • メディア: ムック

その後、Vol.2.0、2.5と続いているわけですが、そちらは COMIC ZIN さんとか、
ごくごく小数の委託販売先で入手するしかないようです。

こっそりVol.2.5が、どこかのブルベのゴール受付で頒布されていたりもしましたけど(^^;)
って、うちだ。

私自身、かつては軽くヲタク入ってましたから、この手の同人誌について免疫が無い訳じゃないですが、
そういう活動してたのは中学〜高校の頃。
30年ぶりに手に取ってみた「薄い本」だったりします。
友人・知人が作っているということで多少バイアスがかかってる?かもしれませんが、
パッと見で見るイラストからくる印象とは別で、中身はけっこうガチなロングライド関係本です。
ブルベについてもそれなりに多く登場してますし、どこかで機会があれば一読してみてください。

(おまけの蛇足)
同人誌ですから、部数をある程度は多く出版しないといけない商業誌とは異なり、趣味性が高い世界です。
一度に刷れる冊数もそう多くは無いでしょうし、重版を重ねるのもかなり大変な苦労があると思います。
一般商業誌と比べるとボリュームに対してちょっと割高?に感じてしまうかもしれませんが、
広告無しでそのボリュームの記事を出すには、プロやセミプロが手弁当の趣味でやってる世界でも
結構大変なんだろうな、と思います。

(追記)
Amazon取扱だと、諸々手数料が乗るのだと思います。
通常の頒布価格よりも高くなっています。

↓ ポチっと一押し「読んだよ」みたいなノリで押していただけると嬉しいです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0